ケールの栄養素

ケールの栄養素

青汁にはどうしてケールが使われているのか?青汁を探していくと、その成分にほとんどの場合登場するのがケールです。
ケールは、スーパーなどでは見かけない食品ですが、どのようなもの?まずは、そこから見て行きたいと思います。
ケールとは、見た目はキャベツに似ているアブラナ科の野菜です。青々しい野菜ということもあり、見るからに栄養価が高いということが分かります。
キャベツと比べるとさらに青々しいという特徴が見た目の特徴でしょうか。

 

そして、どうして青汁に採用されているのか?ということになりますが、ケールは1年中栽培できる野菜だからです。
また、生命力が非常に強いので、安定して収穫できるというメリットは、青汁に採用するにはとても好都合とも言えるでしょう。
栄養価が高いと言っても、野菜だからビタミンが豊富なくらいでは?なんて思われる人もいるかもしれませんが、例えばビタミンAだとするとにんじんの2倍も含まれていますし、葉緑素やGABA(ギャバ)、葉酸やルテインも含まれているまさに他では見かけない幅広い栄養素が見受けられます。

 

また、近年話題の予防医学の分野から見ても、ケールはかなり優秀な野菜であると言われており、がん予防や生活習慣病予防効果があると言われています。